FAQ 薬を使わないゆどう術-YUDO-ゆどう医学とはどのようなものですか?|自律神経の快復なら薬を使わないゆどう術 
 
 を使わないゆどう術-ゆどう医学とはどのようなものですか?にお答えします。



 
 明治の頃、「かっけ病」蔓延していた。
「かっけ病」
効く薬無く、

日本国民にとっては、
「癌」と同じ、 「治らない病」であった。

  
 
「麦飯」が有効である
ことを「鈴木梅太郎」発見。 

明治天皇
「脚気病」麦飯快癒

「麦飯」
同じ薬を使わない「ゆどう術」である。




麦飯が
「かっけ病」に顕著な効果があることを
発表した


鈴木 梅太郎
(すず きうめたろう)
博士
鈴木 梅太郎博士は「オリザニン」を発見し、
「かっけ病」に顕著な効果があることを発表した。

現在の「理化学研究所」(理研)の設立者
初めて

これに意義を唱え、「かっけ病」の撲滅を遅らせたのが
得意の文章を使い妨害した
「小説家 森鴎外(森林太郎)」であった。

戦前の日本の農芸化学者。米糠を脚気の予防に
使えることを発見した事で有名。





脚気(かっけ)はビタミンB1(チアミン)の欠乏によって
心不全と末梢神経障害をきたす疾患である。

心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって
下肢(足)のしびれが起きることから脚気の名で呼ばれる。

脚気は、元禄年間に一般の武士にも発生し、町人にも
大流行し、「江戸患い(えどわずらい)」と呼ばれた。


写真文章出典Wikipedia

脚気の撲滅に尽力した
高木 兼寛(たかき かねひろ)
博士
「ビタミンの父」とも呼ばれ
脚気の撲滅に尽力した

日本の海軍軍人、最終階級は海軍軍医総監(少将相当)。
カレーを脚気の予防として海軍の食事に取り入れた
(海軍カレー)。

東京慈恵会医科大学の創設者。


  脚気を
自分で判断する方法


①足が床に着かない状態で椅子に腰掛ける。

②膝のお皿の直下を硬い物で軽く打つ。

③足首がピクンと前方に上がれば健康、上がらなければ「脚気」を疑う。


明治時代に麦めしが、脚気病に有効と判明したことが
大正~昭和にかけてまで


谷崎潤一郎ほどの有名人でさえも

脚気病が麦めしで回復することを知らなかった。出典朝日新聞


小説家 谷崎潤一郎記事




Topへ戻る




電話ご相談045-758-2376
出張中はご遠慮なく直通携帯へ070-6673-5056
朝10時~夕3時 日・月・祝休み
予約・相談・問い合わせ メールこちらへ(ジェイエイ6ビーキューアイ@) ja6bqi@softbank.ne.jp

ビル解体の為、千代田ビルで施療は行なっておりません。500m離れた
●235-0023神奈川県横浜市磯子区森3-3-17-602で
施療を行っています。地図 
 



ブログで戻る


明治の頃「かっけ病」が蔓延していた。「かっけ病」に効く薬が無く日本国民にとっては現在の「癌」と同じく、
  「治らない病」であった。この時「麦飯」が有効であることが発見された。この「麦飯」と似ているのが「ゆどう術」である。自律神経を早期回復するなら自律神経活性療法の薬を使わないゆどう術におまかせください。イライラやもやもやなどまずは電話相談から。横浜市磯子区">