28/06/18                  FAQゆどう医学とは?歴史は?どのような方法ですか? 
 
自律神経快復するなら薬を使わない

 ゆどう術 [自律神経活性療法】
ゆどう医学とは?歴史は?どのような方法ですかにお答えします 

電話ご相談045-758-2376
出張中は携帯へ
070-6673-5056 朝10時~夕3時 日・月・祝休み
 
                      
Fax相談 045-758-2376
                 24時間受付 自宅・コンビ二から
  
 
 
 


 

 


 
 ゆどう医学の歴史
   ●癒導(ゆどう)医学とは (ゆどう術は医療機関ではありません)
      ゆどう術は医療ではありませんから、「病気→不調」「検査→観察」「治療→施療」と表現します。
 
   ●長引き困っている方は【ゆどう術】へ。
病気は病院で治療しましょう。

     
      ●病気は薬が治すものではなく、本人の自己治癒力が治すものなのです。
      ●「ゆどう術」では、本人の自己の快復する力をを引出すので、「治癒に導く」、【癒導(ユドウ)】と名称を付けました。

 
   ●自分がなった!
    
30歳で電気店で独立して3年の時、激しい、頭痛・めまい・激しい肩こりが発生。多くの病院を回ったが治らず、
   事業を断念する決意をした時、当時東京府中市在住の叔母が 「喜太郎爺さんと似た治療をやってるよ」 と紹介された某治療所で、
   5回で全快した。
    このことから夜学で指圧免許を取得し、徐々にゆどう術に転向した。詳しくは、「めざせ自律神経活性療法師」。
 
     故今村喜太郎先生 柔道家 :ゆどう術の創始者(講道館柔道五段北辰流八段) 嘉納治五郎先生直弟子




    
ゆどう術は 80年の歴史 富永一は外孫 祖父でありますが、ゆどう術の教授でありますから、先生と呼んでおります。

   ゆどう術とは・・・ 柔道の技のうち「活…落とし技の後で相手を蘇生させる術」から発展した、薬を使わないで自律神経を回復させる手技で、
                   神経を刺激してすぐに効果が出る施療技術です。「薬を使わないゆどう術」
 
              手や簡単な器具を使用して神経を刺激して回復する方法です。

                  


 
富永修侃(シュウカン)
現在のゆどう術者
自律神経活性療法の
理論確立者

WIKI
  
執筆中の富永修侃
「よくわかる自律神経失調症」
他・10冊


一部は国立国会図書館


 
鈴木梅太郎博士



 
富永修侃
   ●私が施療します  
 ●通信講座の指導します


   富永修侃「しゅうかん」はペンネーム)
   昭和18年福岡県久留米市の陸軍病院生れ、
   癒導術創始者 講道館柔道五段 故今村喜太郎の外孫、父は医師。

   本名:一(はじめ)幼少より癒導術の理論と技術に接し直接施療技術を伝授される。

   現在日本癒導医学研究所所長。
   薬を使わず神経刺激の技術で、神経・精神・性格の快復をする、

   現在施療院を開業。国家資格は指圧を持つ。ボランティアで磯子警察少年補導員(定年退職)。

   詳細は著書「めざせ自律神経活性療法師」ほか著書9冊
   趣味:へチ竿クロダイ釣り、年間800匹を毎年維持(近年太陽活動低下でクロダイ寄らず)。二男二女の父。 

   ゆどう術とは 
  

  
柔道の技「活カツ」を応用し進化させたものです。副作用はありません。

    
…活(カツ)とは…柔道で気絶した人を蘇生させる術。
 
   
「カツを入れる」とう言葉は柔道からきています。

   

   ■柔道の試合や練習で「脱臼骨折」 「筋肉圧迫」「神経圧迫」が生じます。
   
   ■「脱臼骨折」は柔道整復師として接骨院を開設し交通事故・労災事故などに対応しています。
   

   ■「筋肉圧迫」と「神経圧迫」で神経の活動がそこなわれ、血糖異常・血圧異常・関節痛・神経痛など。
   

   ■脳活動低下に成ると、気分がすぐれない、やる気が出ない、イライラする、性格変化、原因不明のだるいなど、
     原因不明の眠い/体調不良/きついなど、長引くものが生じます。

   

   ■「神経圧迫」の修復には柔道技術の「ゆどう術」があります。
   

   ■「ゆどう術」の名称由来・・・癒導術(ゆどう術)は治
      薬を使わない神経を刺激して自律神経を快復する技術です。


    
  ゆどう術は、自律神経専門の施療です。
    


     ●私たちは天気が良い(気圧が高い)とウキウキ出かけ、曇りや雨(気圧が低い)で家にこもるのは、
      神経活動が、気圧や温度や風などに大きく影響され、生命維持装置である自律神経が  
      活動低下で沈んだ気分になっても、神経が正常なら、晴れると自然に元に戻ります。

     
  
     ●しかし、神経そのものが弱いと自己回復できず、内蔵活動が低下して血糖/尿酸/肝臓数値異常・
      頭痛/うつ/不眠/イライラ・痔/過呼吸/ドキドキ・便秘/痔/脱腸・原因不明の腰痛/関節痛/生理痛・
      勃起不能/絶頂感不足・性格変化/音が響く・口臭/めまい/朝起不良/などとして自覚されます。

      
  
     ●この時、「ゆどう術」で神経を刺激すると早期回復できるのです。  病気は病院で治療しましょう。
     

    ●ゆどう術では、1ヶ月~2ヶ月で快復が自覚できるが特徴です。
    

   
●ゆどう術では、施療開始後に何回でも質問と指導受けるのが可能です。
      
例えば、施療か所、生活のしかた、性、性格改善、人間関係、適職、その他・・・何回でも何でも相談できます。
     


  ●「自分治療」の講習をうけて、「毎日10分間」 実行すると、その日から効果が自覚できます。
  

  ●いつでも、どこでも、自分治療できますので、一生安心です。





TEL045-758-2376  FAX045-758-2383 
〒235-0023 神奈川県横浜市磯子区森3-3-17