29/6/01


ゆどう術  歴史


薬なし・薬を使わない・ゆどう術 

自律神経活性療法




 
 故 今村喜太郎 先生



柔道家 :薬なし・薬を使わない・ゆどう術の創始者

講道館柔道五段、 北辰流八段(今村道場) 

嘉納治五郎先生 
直弟子



薬なしゆどう術は 80年以上の歴史 


富永修侃(本名は一ハジメ)は外孫 祖父でありますが、
ゆどう術を教わった先生でありますから、「喜太郎先生」と呼んでおります。




薬なし・薬を使わない・ゆどう術とは



ゆどう術は柔道の技(ワザ)のうち、「活(カツ)」から考案したもの

柔道で「落とし技(ワザ」…相手を気絶させるワザ…をかけた後で
相手を蘇生させる術…活(カツ)」から、今村喜太郎先生が考案しました。

ゆどう術・自律神経活性療法 は
薬なしで自律神経を回復させる手技で、
神経を刺激してすぐに効果が出る薬なし施療技術です。


「薬なし・薬を使わない・ゆどう術」は、自律神経を活性させる療法で、
自律神経失調を回復させる、
ゆどう術・自律神経活性療法と称しております。

手や簡単な器具を使用して神経を刺激して薬なしで即効で回復する方法です。

                  

薬なし・薬を使わない・「自律神経活性療法」副作用はありません。



戻る

  

  

故今村喜太郎先生

柔道家 :薬なしゆどう術の創始者
講道館柔道五段 北辰流八段
 
嘉納治五郎
先生直弟子



薬なしゆどう術は 80年の歴史 

富永一は外孫 祖父でありますが、
ゆどう術の教授でありますから、喜太郎先生と呼んでおります。



薬なしゆどう術とは
 柔道の技(ワザ)のうち「活(カツ)…落とし技の後で相手を蘇生させる術」から発展した、
薬なしで自律神経を回復させる手技で、

神経を刺激してすぐに効果が出る薬なし施療技術です。

「薬なしゆどう術」手や簡単な器具を使用して神経を刺激して薬なしで即効で回復する方法です。

                  

薬なし・薬を使わない・「自律神経活性療法」
副作用はありません。