FAQ明治時代に脚気を0にした医療でない麦飯は、現代の麦飯は自律神経を回復するゆどう術なのか  
 

森鴎外本来の職である軍医の罪は・・・・小説ばかり書いていたのか?


 
明治15年全日本海軍将兵の40,45%が脚気病で、海軍軍医総監高木兼寛は、薬でなく、「麦飯食事」で3年後に海軍将兵の患者数を0,95%に改善し、明治天皇に奉上した。


 
明治天皇も脚気病であった為、麦飯で脚気病が改善したが、陸軍軍医の森鴎外は「単なる偶然」と反対し、
「陸軍に麦飯食事禁止」の通達を出した。


 その結果、明治27年の日清戦争では、脚気病
死者が、「海軍0名」に対し「陸軍で病死者4000名」、 明治37年日露戦争で「海軍脚気患者87名死者0名」に対し、「陸軍気患者25万人病死者28000名、また脚気病で体力が低下した結果、十分な戦闘が出来ずに戦死した兵も少なくない。


 
森鴎外らに麦飯食事を止められた陸軍、大量の脚気病患者と死者を出した。 ロシア軍の、どの将軍よりも多くの日本兵を殺したとの批判も存在する。
 

 陸軍の寺内正毅は日清戦争当時、将兵の脚気病対策に、陸軍上層部に麦を送れと具申した。

 しかし、
森鴎外により握り潰された経緯があり、業を煮やした陸軍大臣に就任した寺内正毅は、森鴎外の頭越しに陸軍の麦飯食事を決定した。
 後に鈴木梅太郎がビタミンB1を発見し、脚気病が「ビタミンB1を含有する麦飯が有効」と発表された。森鴎外は「田舎者が何を言う」と一蹴した。


 しかし
森鴎外「脚気が菌による感染症である」と批判し認めず、脚気病はビタミンB1栄養説を国が示し得たのは、
森鴎外の死去した、2年後であった。出典wikipedia。


脚気は、一般人にとって難病であった。国民の脚気死亡者は、日中戦争の拡大などにより食糧事情が悪化するまで、毎年1万人から2万人で推移した(日本の脚気史#概要参照)。
出典WIKIPEDIA






ゆどう術現代の麦飯→薬なし・薬を使わないで自律神経回復できる   


    ●「神経や精神で長引く苦しみに有効なものが、麦飯同様の「薬なし・薬を使わない・ゆどう術」です。

    ●一般に
約2ヶ月で回復します。(
家庭内暴力・うつ・閉じ篭りなど心の病等は総合施療で6ヶ月で一段落



 
●自律神経に対する従来方法これは森鴎外的な考え方 


   ●従来の方法で「苦しみ」が長引くのは→従来の病気とは全く異なる原因だからです

   ●治療が長引くのは方法が違う証明。
 

   ●従来の方法実行で長く苦しむのが「難病と称される病気」の実態で

    「心の病・自律神経・統合失調・うつ・自殺願望・メニエール・糖尿・ほか…ゆどう術の対象」です。







  明治天皇 寺内正毅 日清戦争 日露戦争 森鴎外2 森鴎外1 高木兼寛 脚気

  
戻る