まえがき

本書は、最初に「メニエール」を題名とする本として執筆し始めたが、
 一冊の内容のある原稿を書き終えるまでには、ほぼ六カ月程かかる。

年間に数冊の単行本を出している精力的な著者もいるが、
私のこれまでの経験からして本を書くことを専門にしている人以外は、 

一年間にどんなに頑張って執筆しても二冊が限度であろうと思う。
それは日常の業務を誠実におこなっていて、その合間を充てて書くので

あるから大変な重荷となってくる。加えて書いたあとの最終的な文章の
追補や新しい事象の追加、専門用語の使い方についても最終チエックを

しなければならない。これらは何回となく著者自身が深夜に及ぶまで
行うので、簡単な仕事ではない。

最初、O ・Nさんから奨められてメニエールに関連した治療の本を
書き始めて、その間にも多くの患者さんが来られているし、

以前からもきておられるので、題名に即て書いていくうちに、
患者さんとのお話のやり取りの間から、メニエールの症状ではあるが、

本人がメニエールに対する知識を全く持っておられないことに
気が付いたのである。つまり眩量(めまい)、吐き気、不眠などを

主な症状とする病気であるが、このべつべつの症状によって

手当てを受けている人が結構多いのである。メニエールということで
治療を受けている人はほとんどないということに気が付いたのである。

O ・Nさんは最初に医者の診断が「メニエールですよ」ということであって
施療を始められていたのであるが、ほとんどの場合はそうではないという

現実の状況に直面して、執筆の途中であったが題名を変更する
ことにしたのである。

メニエールと言ってもピンと理解しにくいので、眩量(めまい)
・吐き気・不眠という題名に改めて出版することに変更したものである。

こうしたことから内容的にもメニエール病に傾いた内容が多くなっている。
しかし、不眠症及び眩量(めまい)、吐き気というのは、前庭機能に

関係する場合が約七〇パーセント。不眠症については
交感神経緊張症の継続に起因する場合が二〇パーセント、

さらに肝障害及び腎障害が認められる。吐き気にはいろいろな
内臓障害、脳腫瘍を除いて、肝臓、腎臓の単体及び連合症状、

軽度の前庭機能障害、これらのものの総合的な障害から発生する
ことが多く、私の所にみえる方は何度も精密検査をかさねて

おられるので脳腫瘍ということは全く考えられないので、その点では

明白である。不眠症の場合は、その症状が重篤で何とか眠れるように
してくださいと言っておいでになる方が非常に多い。

こうした患者さんの場合、メニエール的症状がかならず
三〇パーセント、四〇パーセントはある。ただ、眩量(めまい)、

不眠、吐き気などのうち、どの割合が強いのか個人的な差違が大
きいのも特徴的だ。

そのために、本人がその症状を本体的な病気だと思っているのであり、
メニエール病という病名を自覚されてはいないのである。

いろいろな病気は、とかく一つの症状と限定することは非常にむずかしい。
法定伝染病のように急激な感染症で、感染源となるバクテリアが

存在する場合には、その病原体を特定すればその病気であるが、
そうでない場合には、各臓器の単体の病気というよりも全身的な

協調性の低下によって発生することもあるので、この点を考慮して、
本書は症状の一つ一つについて詳述したということを読者は理解して、

これらの各病症に対する認識を、さらに深めていって頂きたいと思う。


 
目次 
めまい・吐き気・不眠の治療―薬も注射も使わない全く新しい治療


メニエールは簡単に克服できる


癒導術の施療の実際例について
0 。Nさんの例
B 。Mさんの例
Fさんの例
失調症、M ・0君の例
C ・0君の例



メニエールの病理について

自律神経失調との関連性
S ・Kさんの例
A ・Mさんの例


癒導術は効果が顕著である

本物はやはり自己主張が必要だ
出勤・登校拒否、視線恐怖



めまいの多様な現われかたの病気理論

めまいの多様な現われかた


吐き気と嘔吐

不眠

癒導医学の理論と実際


癒導医学の原点は施療にある
自律神経活性療法の原理
自律神経活性療法―副作用がない
病気の原因は何か、何故起こるのか
自律神経系の機能障害
癒導医学の施療分野と、その実際面
癒導術の施療効果の発現
自律神経失調に出来する機能疾患
高血圧。低血圧
耳鳴り
喘息・気管支拡張
不 眠
首。肩の凝り、腰痛
てんかん症
精神不安定(イライラ)
頻尿・膀既炎
胃下垂・胃アトニ



小脳の働き・前庭神経外側路

小脳の働きについて
小脳失調と検査
ふらつきが発生する理由



癒導術(自律神経活性療法)

病気治癒に何がいちばん必要か
病気は根治するのが理想的
本人が分らない病気
0 。Nさんのメニエールの病状と経過
0 。Nさんの原稿・解説



癒導医学は将来への大きな福音

自律神経活性療法の特徴
患者は医療を選択する権利がある
脳性麻痺
カルテより
早く何とかしなければ″/よくなって別人に変身/大人の手交ぜは病気/人間に
もジャイロスコープがある/半分しか治らなかった例/嫌われたら治らない/長
年の体質は病気だった/
O oNさんの近況



 
あとがき


メニエール病が数十年来治らず困りはてている状態ながら、仕事を行い、
実生活をしている人々が多いのが現状である。この病の徴候がひどい場合、

大体会社をやめている。自営業では廃業に追いこまれる。
めまい、吐き気、不眠の症状では、先ず内科を訪れるだろう。耳鳴りも伴い

ひどい時には耳鼻科を訪れるのでメニエールと診断が出される。
ほとんど内科的に検査して、いろいろ治療してゆく。O ・Nさんは耳鳴り等も

あったのでメニエールとされたが、他の人々は全く同一症状であるが、
この病名を知らされてない。

ひと昔前の交通事故による「むちうち症」という名称も″後遺障害で
悩まされ一生治らないもの″という先入感がつきまとった為、

「頸部ねんざ」等の名称が多く用いられるようになった事と同じく、
メニエールの病名では苦しみ続け、治らないとの悩みを患者さんに

与える為、避けられているのかも知れない。
職業人として実務不能に陥り離脱しかけている方々は、早急に治すこと、

又、治せることで希望をもたれてよい。
全身筋の痙撃を伴う吐き気で、仕事もできず困惑しておられた

医療器具会社の社長さんもご子息は医療関係、本人も全国の病院を
知っており、いろいろ相談治療したが、希望通りにゆかず、

来られて一週間で痙撃、吐き気が治まった事に驚愕しておられた。
・・・・・