FAQ イライラしてすぐ腹が立つ上司とケンカしてしまうのは自律神経が悪いのでしょうか|自律神経の回復なら薬なしゆどう術 
 
イライラしてすぐ腹が立つ上司とケンカしてしまうのは自律神経が悪いのでしょうか
 自律神経の回復なら薬を使わないゆどう術にお答えしますQ&A




 


イライラしてすぐ腹が立つ

上司とケンカしてしまう


                                   
          





 
    電話ご相談 045-758-2376 相談受付・予約:朝10時~夕3時 月・火・水・木・金・土  休み:日・祝 
 
     直通ご遠慮なく 070-6673-5056  
相談受付・予約:朝10時~夕3時 月・火・水・木・金・土  休み:日・祝

 
 予約・相談・問い合わせ メールこちらへ(ジェイエイ6ビーキューアイ@) 
ja6bqi@softbank.ne.jp
     

写真含む相談・問い合わせパソコンメール こちらへ me-ru@ekigururi.com (出張中は見られませんので返事が遅れることがあります                    


          
     
薬なしゆどう術地図     TOPへ戻る




                      
    
        
 ●私が、薬なしゆどう術・施療します
 ●私が、薬なしゆどう術・通信講座の指導します


WIKI  書籍    釣り   発明品介護車椅子・浴槽



  
イライラしてすぐ腹が立つ、イライラ上司とケンカしてしまうのは なぜでしょうか?

   人は、本来、大草原に住んでいました。眠るときだけ、巣(洞穴)の中に入っていたのです。 
   次第に巣に代えて家を造り住むようになりました。  

   家は箱であり 囲いの中に居ることになり 仕事先(会社)も囲いの中です。
   人(動物)は箱の中は……苦痛である(我慢している)ことです。イライラします。

   車(箱)でドライブ中に良くケンカになりますが無意識のガマンがイライラを発生させているのです。 
   苦痛のため 箱(刑務所) に入れます。

   現代では、常に箱に入ってます。自宅、学校、会社…全て箱の中です。
   ・・・・つまり現代社会は ガマン・ガマンの連続なのです

   ガマンはイライラを発生させます。ガマンは自律神経で行っていますので、ガマンを連続していると
   自律神経の働きが低下してしまいます。

   イライラ緩和するには、漢方療法、薬物療法、占い、祈祷など色々なされていますが、一時的なものです。

 イライラを即効に回復するのは、副作用なし 自律神経を活性化する 自律神経活性療法ーゆどう術だけです
     
  相談は無料ですから、まずはイライラは 薬なしゆどう術に電話相談してみてください。  

  状態はイライラと複合していることが多いのです。




 
イライラしてすぐ腹が立つ、イライラして上司とケンカしてしまう】
                                       の回復実績は

 
251例快復l記録集 約1000頁 富永修侃著 04本文 11-17


イライラが回復・・・13回で

  十八歳の女性。この方は自律神経失調症による精神不安定状態イライラに苦しんでおられた。
  イライラする半面、日常も気分的に灰色で脱力感がつよく、無気力感、孤独感などに悩まされるということであった。

  イライラ、これは失調症からくる身体の異常に原因するもので、右側に遊走腎症状があって尿にも赤血球が出ると言っておられた。

  無気力、無感動、何事をするにも面倒くさい、イライラする。これまで特別に大きな病気をしていないので、主因は自律神経失調から生じる網様体賦括系の機能低下で、結果的に大脳皮質に影響を及ぼし、イライラして、いわゆる頭が冴えない、明朗でない。

  この方は、イライラで苦しいので、地方都市在住で泊りがけで治療を受けに来ておられた。
 十一月十六日、特別に変化は認められないが、衣服が皮膚に少しでも触れると痛い。

  十一月十七日、治療前は殆んどおしっこに行かなかったのに二、三回行くようになって、排尿の回数が多くなってきた。同時に寝汗をかかなくなって気分的にも良くなったが、疲れやすいという(解説:緊張がとれて疲れを感じるようになってきた)。

  そしてイライラに伴った、十二月末の
十三回目の施療のころになると体調も全般的に回復し、無力感、孤独感も嘘のように思えてきて、気分も大変良いというところまで回復しました。めざせ自律神経活性療法師123頁~




自律神経の調子が悪いときにも・・・イライラが
  大脳皮質の働きが自律神経失調によって短時間のうちに変化してしまう状態を不定愁訴(しゅうそ)症候群と呼んでいます。イライラもその一つです。
  何処も目立って悪くないのに、吐き気がする・だるい・きつい・何もしたくない・
イライラする・喧嘩ばやいなど、傍の人からは分らない症状が生じものです。

  イライラある人は、これらは健常な人の日常生活からほど遠い苦痛であり、何かしようとすると体調が悪くなってしまうという、
 生きていることだけでも苦しみとなるような状態に陥入ってしまう。「よくわかる自律神経失調症(42頁~)


肝臓の働きが悪いときにも・・・イライラする
  肝細胞が休眠状態にあるということは、肝臓のいろいろな化学合成をおこなう 一切の機能が低下していることになる。このために腸管から栄養と共に吸収された毒素及び体の新陳代謝によって生じたいろいろな毒素や有害物質は全身を巡って脳にも作用してきて、不愉快な気持になったり、
イライラ、頭痛、吐き気などを催してくる状態になるのである

  私の所へイライラで相談に来られる段階で、ウロビリノーゲンの数値は少々で、GOT・GPTは30~40くらいの数値という方が殆んどである。先ず相談のときに、いろいろと説明をすると、「病院で検査をしたのですが、肝臓は正常といわれました」と自信たっぷりの答えが返ってくる。「よくわかる自律神経失調症」(140頁~)


血圧が高いときにも・・・イライラがある
  高血圧の場合には、めまい・頭痛などとともに、ちょっとしたことでもイライラしがちだが、いちばん怖いのは脳の中の毛細血管が破裂する脳内出血、
 くも膜下出血である。 高血圧は誰でも警戒するが、脳出血に襲われると、生きていても半身麻痺として残り、植物人間のようになって人生を終わらなければならなくなる。

  交通事故に遭うのと同じ。こうした高血圧症も、その原因である毛細血管の直径に刺激を与えている 交感神経の働きを正常にすることによって、根本的に治療することが可能になってくる。「よくわかる自律神経失調症」(86頁~)


人間関係が悪いときにも・・・イライラしている
  親の顔色をうかがってオドオドしているようなときには、人間は
イライラの捌け口を弱い子供に向けてしまう。
 子供はいっも追いまくられているように受けとるので、交感神経が慢性的に 緊張しイライラし、三歳くらいから思春期、成人になっても、このイライラ緊張感から解放されなくて、

緊張症、上がり症状になってしまい、物事を非常に気にしやすい、よく気が付く性格と見まちがえるような体質になってしまうのである。
「よくわかる自律神経失調症」(233頁~)


自律神経の活動レベルが低下しているときにも・・イライラと同時に無気力
  自律神経の活動レベルが低下している  これらは大脳皮質の理解する分野の活動レベルが低下している状態で、 交感神経の緊張によってイライラ、
皮質の運動分野(イライラ・目で文字を追う) のみが過剰に働いて集中できない。

  これは網様体賦活系の活動レベルが低下し、大脳皮質全般の活動レベルを下げているが、部分的に活発すぎるイライラを状態を現出してくる。

  このようにイライラな症状では、努力しても集中できる時間というのは、数分間から長くて五分間くらいである。それ以上に緊張状態が続くと、脳が疲労してきて、考えることが面倒くさくなってきたり、
イライラしてじっとして居られない、他のことが頭の中に浮んでくるなど、いろいろな想念が生じてくるのである。
「よくわかる自律神経失調症」(234頁~)


⑥生まれつきの体質のときにも・・・イライラ体質・追いまくり体質
  生まれつきのイライラ体質というものがある。イライラ傾向の強い人と、感受性の鈍重な人(ぼってリタイプ)とでは、自然に集中できる時間が各々に違っているので
  イライラ傾向の人は集中時間が短かく、作業の速度は早いものだ。「よくわかる自律神経失調症」(235頁~)


無意識に何かを我慢しているときにも・・慢性的イライラ

  子供の頃の親との関係でイライラ、職場の人間関係でイライラ、夫婦男女の性格や性の我慢不満でイライラ、夫婦や男女の相性が合わないでイライラ…

  視床下部は内臓全ての働きを個々に勝手に働くのを防ぎ、どれが先、どれが後と秩序よく統制し、同時に統制するために全内臓状態を信号として受け取っている。
その全内臓の状態を視床下部が、視床へ伝え、更に皮質の活動レベルを決定する。

  だから、おシッコを我慢していると皮質が影響を受けて、落ちつかない、
イライラするなどの精神症状を呈してくる。
とくに狭い自動車の車内に坐ると、ゆったりした気分の人でも緊張・イライラ傾向になるものだ。

ふだんは温厚な喧嘩をしない人でも、前方の車が少しでもゆっくり走ろうものなら、すぐにクラクションを鳴らしたり、からぶかしをしてイライラから無意識に逃避しようとするものだ。せまく囲われるとイライラする。

  体力や気力が充実しているときには、身体各機能の敏捷性も高く、無意識下でも自律神経が危険を予防しイライラが少なくしている。
  こんなとき車内の天丼枠部に頭をぶつけることはないだろう。「よくわかる自律神経失調症」(249頁~)


血糖値が高い時にも・・・イライラ性格と誤解

  私たちは、おなかが減った時にはイライラし、「何か食べたい」と思い、飲食店を探し始めますが、高血糖の状態では、「おなかが減った」「何か食べたい」との思いが出てこないことが多いものです。

  だからイライラする理由が見当たらず、自分も周囲も困ってしまいます。血糖を検査してみて、高ければ、薬なしゆどう術で高血糖を下げることができるのです。
  血糖値が下がると、努力無しにイライラが消えて行きます。




  
いずれも、自律神経を回復すると、本人の努力に関係なく、イライラが回復するのです。

書籍「よくわかる自律神経失調症富永修侃著 日本ゆどう医学研究所発行より引用
    全491頁 機種によりダウンロードに約90秒かかることがあります。





戻るTOP   地図   関連1   関連2   関連3   関連4   関連5   関連6





通信講座で、薬なしで自分を回復し、独立しよう


 自律神経かな?自分をチェックしてみよう





 プライバシーポリシー   通信販売法に基づく表示    サイトマップ 

 
  お知らせ 入居していました 千代田ビルの立替工事が完了しましたが居住用となったため、新事務所を求め中です。
  現在「仮施療所」 235-0023神奈川県横浜市磯子区森3-3-17森町共同ビル602へ移転中です。